はじめに

新型コロナウイルスの影響により、フランスのラグジュアリー業界は大きな打撃を受けました。特に5つ星ホテルや最上級のパラスホテル、ミシュラン三つ星レストランなど、パリのラグジュアリーサービス業界は、売上の大半をインターナショナルな顧客に支えられてきた業種です。

日本では政府の「Go To トラベルキャンペーン」で、高級ホテル、旅館が盛況といいます。アメリカ、中東湾岸諸国、アジアといった国々からの富裕層が消えた今、パリのラグジュアリー業界は生き残りをかけ、どのような取り組みを行っているのでしょうか。


顧客の大半は海外富裕層だった

フランスの調査機関ifopが2019年フランスのラグジュアリー業界ディレクター、マネージャーら195人に行った調査によると、2020年の業界を「楽観できる」との回答が76%を占めました。ラグジュアリーの安定市場であるアメリカ、フランス、日本での戦略の伸びも前年に比べ快調でした。

GNI Paris(ホテル飲食業団体イル・ド・フランス・パリ)代表フランク・トルエ氏が9月3日に出演した仏ラジオ局France24のコメントを引用すれば、「パリの高級ホテル利用は、アメリカ人だけでも年間600万泊を数える」とのことです。

このように、海外富裕層を主要な顧客としていたパリのラグジュアリー界の状況は、コロナ禍によって一変しました。

「ラグジュアリー業界を世界的に眺めたときに2019年をどう表現するか?」の問いに、76%の業界関係者が「楽観的」と回答

高級ホテルは割引せず威信を守る

まず、ラグジュアリーホテルを見てみましょう。2020年3月の外出制限以降、フランスのホテル業界はほぼ一斉に休業しました。5月に外出制限が解除されると、夏季シーズンの収益だけでも確保すべくほとんどのホテルが営業を再開しましたが、パリのパラスホテルは別でした。

「今年の夏、多くのフランス人が国内旅行に出かけたが、パリのパラスホテルはフランス人向けに格安プランを提供するという戦略を選ばなかった。休業してでも本来のプレステージ(威信)を保持した」と、ラグジュアリー・ホテルジャーナリストのアンヌ=マリー・カトラン氏は分析します。

格安プランを取り入れた団体・自治体の一例に、地中海の街カンヌがあります。カンヌ市はこの夏、同一のホテルに3泊すると4泊目が無料になるというプランを提供していました。パリのパラスホテルはこういった対策を取らず、休業を選んだということです。