はじめに

つきあっているときには見えなかった「夫の本性」、結婚すると徐々に現れてきて、次第に我慢ができなくなっていく。そんな女性の声をよく聞きます。男性側も家庭ができて初めて、リラックスして本性を出してしまう傾向があるようです。


新居を借りる初期費用は私が支払った

30歳を過ぎたころから、婚活に全力を傾ける女性は少なくありません。やはり35歳までには第一子がほしいという思いが強いのでしょう。

「私もそうでした。31歳を迎えて本気で焦りました。結婚相談所、マッチングアプリ、友人知人に紹介を依頼、ありとあらゆる方法で婚活しました」

ヨシエさん(35歳)は、その努力が実り、出会って半年ほどつきあった3歳年上の彼と、33歳のときに結婚しました。彼も早く結婚したがっていたし、つきあっているときはとても楽しかったので、これなら結婚しても大丈夫だと確信したのだそうです。

「私、あまり感情に引きずられないタイプなんです。理詰めでいくというか。理系だからですかね。彼はわりと情緒的な人。私にはない情緒をもっているし、感性が豊かなので一緒にいて楽しかった。お互いを尊重する気持ちがあれば、似ていない部分が多いからこそ、歩み寄れると思っていたんです」

大人なのだからふたりで話し合っていけば、何か問題が起こっても解決できるはず。周りからはつきあいが短すぎるのではないかという声もありましたが、ヨシエさんは大丈夫だと感じていました。

「まずはとにかく結婚する。そこからすべてが始まると思い込んでいたんですよね。結婚すれば幸せになれる。結婚しなければ私は不幸。そう思っていて……」

周囲の不安を振り切って結婚したものの、当初から「あれ?」と思うことが多々あったそうです。彼は有名企業に勤めていてかなり収入があるのに、結婚してみたらほとんど貯金がないとわかったこと、また、友人を招いてのパーティのときも彼の友だちが非常に少なかったことなどが引っかかったそうです。

「婚姻届を出してから、ふたりで住む場所を決めたんですが、初期費用を払う段階で、彼は貯金がないと言い出して。結局、全部、私が支払ったんです」

このままだと経済的に曖昧なところが多すぎると、ヨシエさんはお互いの貯金などを透明にしようと提案しました。ところが夫はそれを拒絶、「結婚したからといって何もかも知らせる必要はないと思う」と言われました。それなら初期費用を半分払ってほしいとヨシエさんは言います。彼は「貸しておいて」とだけ返事しました。