はじめに

「コスパが良いファミレス」と聞いたら、どこを思い浮かべるでしょうか? 2019年のgoo調査によれば、1位サイゼリヤ、2位ガスト、そして3位がジョイフルとなっています。「ん、ジョイフル?」と思った方は、きっと東日本にお住まいでしょう。同店は東日本でなじみが薄いかもしれなませんが、西日本では「超」のつく人気ファミレスチェーン、グループ店舗数889店(2019年末時点)と全国3位の規模を誇っています。そのジョイフルが今、大量閉店の憂き目に遭い、ファンはネット上で阿鼻叫喚のツイートを連発。いったい何が起きているのでしょうか。


6月期決算は、営業損益37億円の赤字

2020年6月、新型コロナウイルス感染拡大を背景に、200店舗という大規模な退店計画が発表されました。すでに8月に23店、9月に6店が閉店、10月には19店が予定されており、2021年6月末までに計100店程度を退店させる計画です。

9月25日に発表された2020年6月期決算をみると、最終赤字93億円、店舗の閉鎖に伴い見込まれる損失など約62億円の特別損失を計上しています。今年4月以降、売上が前年の半分以下に落ち込む状態が続いており、売上高は前期比14%減の623億円、営業損益は37億円の赤字でした。21年6月期の見込みも最終損益7.5億円の赤字と非常に厳しい予想です。

ただし、ファミレス業界全体がこれほど悪化しているのかというと、一概にそうとは言い切れません。

コスパランキング1位のサイゼリヤは、緊急事態宣言が解除された5月以降は閉店時間を21時に繰り上げ、2位のガストを経営するすかいらーくグループは、深夜営業を廃止するなどの措置を取っていますが、どちらも現時点で大規模な閉店は行っていません。