橋下徹氏が登壇! 『マネーフォワードWeek』参加受付中

はじめに

今週29日は9月中間期末の配当権利落ち日でした。この日の日経平均は150円弱の配当落ちを受けて反落して始まりましたが、徐々に下げ幅を縮めると最後は小幅高で取引を終えました。配当落ち分を埋めきったということです。

配当落ち分を即日埋めるのは相場が強い証拠といいます。背景にはやはり菅政権への期待があると考えられます。菅政権への期待とは規制改革が進むという期待です。

続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ