はじめに

2000万円なくても何とかなる?

まさに今、その施設探しをしている最中ですが、施設によっては入居一時金がかかるところもあります。入居一時金はピンキリで、それこそ1億円という超高級有料老人ホームもあれば、数百万円程度のところもあります。もちろん月額利用料のみで、入居一時金は不要というところもありますが、いろいろ調べると、入居一時金なしで月額利用料が15万円程度の施設は結構人気があり、入居待機者もいるそうです。

現在、母親が入院しているリハビリ病院は、最長3カ月しか入院できませんから、残り2カ月程度で施設を見つける必要があります。その時間の制約を考慮すると、待機者がいる人気の施設では難しいので、ある程度の入居一時金を払ってでも、すぐに入れる施設を探さなければなりません。

仮に入居一時金が数百万円だとしたら、それをどう手当てするか。幸いなことに「自宅」という資産がありますから、それを売却して資金を捻出する予定です。このように考えていくと、案外、老後資金が2000万円も無かったとしても、87歳の母親の余生は何とかなりそうです。