橋下徹氏が登壇! 『マネーフォワードWeek』参加受付中

はじめに

今回の相談者は、62歳、アルバイトの女性。現在月6万円の賃貸住まいの相談者。中古マンションの購入を検討していますが、貯金額2,800万円で購入可能でしょうか。FPの横田健一氏がお答えします。

夫と死別して、現在は遺族年金(基本年金約110万円、寡婦加算額約58万円)を受給しています。私自身の老齢年金(65歳から受給)は約60万円の予定です。夫が存命中から年間100万円程度のアルバイトを続けています。

子ども3人が独立した時に転勤が重なり、マイホームを売却して転勤先の社宅に入居。夫が急逝し、現在は結婚後住み慣れた土地に戻り、6万円の賃貸マンションに住んでいます。

子どもたちはそれぞれ家庭を持ち、同居の予定はありません。今後を考え、このまま賃貸に住み続けるよりも小さな中古マンションを購入したいと思うようになりました。希望としては、シニア向けマンションで1,300万円前後(購入時の諸経費別、毎月の管理費等は4万円以内)を考えていますが、現在の資産状況で購入可能でしょうか。

アルバイト等は65歳までは何とか続けたいと思っています。

【相談者プロフィール】
女性、62歳、パート・アルバイト、既婚(死別)
同居家族について:なし
子どもの人数:3(35歳、29歳、27歳)
住居の形態:賃貸
毎月の世帯の手取り金額:20万円
ボーナスの有無:なし
毎月の世帯の支出の目安:15万円

【毎月の支出の内訳】
住居費:6万円
食費:2万円
水道光熱費:2万円
保険料:1万5,000円
通信費:1万円
お小遣い:2万円
その他:1万5,000円

【資産状況】
毎月の貯蓄額:5万円
現在の貯蓄総額:2,800万円
現在の投資総額:0
現在の負債総額:0
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ