はじめに

現代の装備を満載して復活してきたスーパーカブの派生モデル、レジャーバイクのCT125・ハンターカブに跨がり、秋の陽射しを浴びながらトコトコとツーリングに出掛けてきました。カブファミリーの中ではもっともワイルドな性格のハンターカブですが、どんな世界を見せてくれたのでしょうか?


もっともワイルドなスーパーカブシリーズ

スーパーカブの派生モデルとして1968年にデビューしたCT50・ハンターカブ。途中、短期間ですがカタログから落ちたことはありましたが、初代デビューから数えて、すでに半世紀以上経ち、世界中で人気シリーズとなっています。

今回、ツーリングで乗り出したのは最新のCT125・ハンターカブ(以下ハンターカブ)というレジャーに最適なバイクです。すでに概要は初夏にお伝えしていますが、ここで念のためカブシリーズの概要を簡単に確認しましょう。まずベースモデルには世界の名車にして実用バイクの王者、スーパーカブがあります。

そこからレジャーバイクとして派生してきたのがレジャーバイクの人気モデル、CC110・クロスカブです。スーパーカブ並の普段使いの良さ、日常性の高さがありながら、その佇まいはスポーティでファッション性も感じさせるレジャーバイクです。走破性という点でも街乗りからオフロードまでこなせる機動力を持ち合わせています。

後ろから見るとトレッキングバイクらしさが、より分かります

そして今回の主役のハンターカブです。これはレジャーバイクという点ではクロスカブと同じですが、その方向性が少し違います。林道やオフロードといった、よりハードな状況にも走り込んでいける性能や、それにふさわしいワイルドな外観を持っています。その内容を見るとオフロードバイクとしての性格がより強いバイクである事が分かります。

以前にも書きましたが、この3車の性格の違いを表すとすれば、ベースモデルのスーパーカブはスニーカーであり、クロスカブは軽快なウォーキングシューズ、そしてハンターカブは高機能なトレッキングシューズといったところでしょう。そしてこの3車の中でも、もっともハードな使用に耐え、より広範囲のフィールドで使い勝手のいいハンターカブがいま、注目の的になっています。

もちろん、そうとなれば、少しでも早く乗り出してみたいと思うのは自然の流れです。時はまさに秋の行楽シーズンを迎え、バイクツーリングには絶好の季節となったところです。さっそく片道160㎞ほどのルートに乗りだしてみました。