橋下徹氏が登壇! 『マネーフォワードWeek』参加受付中

はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、45歳、パートの女性。結婚15年目の相談者。ある日貯金残高を確認したら、少なさにショックを受けたと言います。なぜ貯めることができないのでしょうか。家計の問題点は? FPの横山光昭氏がお答えします。

結婚15年の記念に家族で海外旅行に行こうと貯金を確認したら、150万円しかありませんでした。教育費の心配もあり、その旅行自体はあきらめることにしたのですが、15年経っても150万円しか貯まっていないということを初めて知り、ショックを受けています。

お金のやりくりについては、日々の生活は私が管理、月の支払いは夫が管理する形をとっています。毎月夫から7万円を受け取り、自分のパート代を合わせて食費や日用品、交際費、交通費など日々の生活をやりくりします。頑張ってやっているつもりなのですが、2週間目の後半でお金が足りなくなる月もあり、都度、夫にお金をもらうこともあります。

夫は住宅ローンや水道光熱費、塾代など口座引き落としになる支出を管理しています。貯金もしてくれていたはずなのですが、実際はできていなかったようです。こづかいでネットショッピングをすることが多く、夫自身がこづかいと決めている5万円を大幅に超えてしまうこともあるようです。そして赤字が出るとボーナスから補てんするということを繰り返していたようです。

今回、思うように貯金ができていなかったことが分かり、夫にその原因を聞いたところ、このように話していました。生活費を追加で渡したりしていたので、私のほうできちんと貯めているだろうと思っていたとも言われました。

今の状況を改善しないとお金は貯まらないのではないかと不安に思うのですが、どこから手を付けていけばわかりません。夫の協力も得られるかどうか……。どのようにしていけばよいでしょうか。

【相談者プロフィール】
女性、45歳、パート
同居の家族:夫(46歳 メディア関係の会社員)、長女(小3)次女(小1)
毎月の手取り収入:夫48万2,000円、妻3万4,000円
年間の手取りボーナス:夫約140万円(業績による)
貯金:約150万円
毎月の支出の目安:60万円

【毎月の支出の内訳】
住居費:10万4,000円(住宅ローン)
食費:9万6,000円(外食含む)
水道光熱費:2万6,000円
通信費:1万6,000円(スマホ2台)
生命保険料:1万8,000円
日用品代:5,000円
教育費:9万4,000円(子ども塾、夫ジム代、妻の習い事代)
被服費:4万3,000円(夫の被服費が多い)
交際費:5万1,000円(夫の交際費がほとんど)
こづかい:6万円(夫5万、妻1万)
ネットショッピング代:2万5,000円(夫の買い物)
使途不明:2万8,000円
その他:3万4,000円
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ