はじめに

日本株相場が相対的に堅調さを維持しています。一昨日の27日は欧米株の急落を受けて日経平均は3桁円の下落で始まったものの、後場はじわじわと下げ幅を縮小。プラス圏にはあと一歩届かなかったものの、ほぼ前日終値近辺まで戻し、高値引けとなりました。


米でIT関連株安でも底堅い日本株

この日の前日の米国市場ではダウ平均が600ドルを超える大幅下落となりました。ダウ平均の下げ幅は一時、965ドルまで拡大しました。米国での1日あたりの感染者数が8万人を超え、7月を上回って過去最高となったことが嫌気されました。

米国市場に先行する欧州でも悪材料がありました。スペインやフランスの経済規制に加えて独ソフトウエアのSAPが売上高見通しを下方修正したのです。一因に挙げたのが、出張や経理精算関連のクラウドサービスで需要の持ち直しが今期中には見込めないことでした。

IT企業は新型コロナの感染拡大の影響が相対的に少ないとみなされていましたが、SAPの下方修正でIT企業も無傷ではいられないと市場心理が悪化しました。これを受けて26日の米株式市場では、オラクルやマイクロソフト、セールスフォース・ドットコムなどIT企業が軒並み売られました。

こうした欧米市場の下落を受けて開いた東京市場ですから、これまで通りなら大幅安は避けらない状況と市場関係者の多くが身構えたことでしょう。しかし日経平均は終わってみれば前述の通りほぼ変わらずの8円安で引けました。