はじめに

世界的に電動化の波が押し寄せる自動車業界において、前々から発売が期待されていた三菱のクロスオーバーSUVである「エクリプスクロス」のPHEV(プラグインハイブリッド車)が発表になりました。発売は12月予定ですが、そのパフォーマンスも含め、ショートサーキットを中心に試乗してきました。


PHEV追加は最初から織り込み済み!?

2018年3月に登場した三菱のエクリプスクロスはSUVでありながらクーペ的フォルムをまとったユニークなモデルです。

発売時は1.5L直4ターボ車のみでしたが、その後、同社得意の2.2L直4クリーンディーゼルターボも追加し独自のポジションをキープしていました。

しかし、世界的に電動化の流れがある中、同社にはアウトランダーPHEVというロングセラーモデルがあり、今後の戦略としてエクリプスクロスも電動化に舵を切る必要がありました。

元々エクリプスクロスにPHEVを搭載することは当時の益子修社長も記者会見で明言しており、実際それはいつなのか?という声も多く聞かれていました。

そして満を持して10月15日に発表、12月発売としてエクリプスクロスのマイナーチェンジと同時にPHEVを市場に投入します。