はじめに

コロナ禍による失業や収入減で、住宅ローンが返せなくなったという声を聞くようになりました。検索サイトで「コロナ 住宅ローン」と検索すると、「コロナ・住宅ローン・返済できない」と続きます。

住宅ローンが返済できなくなると、なにが起き、最後はどんな結末になるのでしょうか。銀行員として30年間、様々な住宅ローンの結末を見てきた私が、赤裸々に解説します。


ローンが返せないとどうなるか?

「コロナ・住宅ローン・返済できない」で検索すると、結果はほとんど以下のどちらかに分かれます。不安をあおるが、対策は示さない「心配させて放置する」サイトと、不安をあおったあと、何かに誘導する「心配させて商売する」サイトです。

住宅ローンの遅延を人間に例えてわかりやすく説明すると、以下のようにイメージすることができます。

1,延滞→軽傷
2,異動→重傷
3,ローンの破綻→致命傷

延滞は「軽傷から重傷」

毎月、ボーナス月の決められた日に返済できないと、ローン返済は遅れることになり、これを延滞(遅延とも)と呼びます。延滞はまだやり直しがきく状態で、人間のケガならまだ軽傷です。ただ延滞にも、その時間の経過により軽重があります。
 
延滞する時間が長くなるほど事態は悪化していき、ケガでいうならどんどん重傷化してしまいます。

数日の延滞ならば、「ついうっかり、忘れていた」「他の引き落としを計算していなかった」などというた理由が多く、次からしっかり返済していけば、それほど問題にはなりません。
ケガをしても薬や救急絆など自分で治せるレベルです。

1週間~3週間以内の延滞では、ついうっかりという言い訳も苦しくなります。本当にうっかり忘れていたなら、そもそもローン返済を気にしていないと見られる可能性もあります。ケガで言うなら、病院に行くことを考える必要があるレベル、病気なら自宅待機といった状態です。

延滞してから1ヵ月以上が経過し、翌月の返済日が来てしまうと。銀行からも電話や文書で督促されます。もう重傷で、急いで病院に行かないと、取り返しの付かないことになる状態です。