はじめに

今年は、コロナで在宅時間も増え、家の掃除をする時間が増えたと言います。また消費活動にも変化が表れた年とも言われています。そんな2020年なので、今年の大掃除は早めにはじめて、いつもより範囲を広げた大・大掃除をしてみてはどうでしょうか。

家の中にある不要なものは全てを捨てたり売ったりして家から出し、日ごろの掃除を簡単にできる環境づくりからはじめ、収納場所を変えたり模様替えをしたりして生活をしやすい環境にし、最後に大掃除をするステップです。


11月に大掃除スケジュールを立て不要なものは捨てる

まず家の中にある不要なものを捨てるところからはじめます。そのためゴミの収集日を確認しなくてはなりません。ゴミの種類によっては月に1回や2回しかない地域もあります。12月に入ってから整理整頓を始めても、ゴミを捨てそびれて年を越すということにもなりかねません。そうならないためにも、最初にゴミ収集日のスケジュールをカレンダーに書き込み、そのスケジュールにあわせて、家の中の不要なものを集めていく作業からはじめましょう。

フリマなどで売れるものは一つの箱にまとめておいて、あとで落ち着てから売るようにしましょう。同時進行ではなかなか片付けることができなくなってしまいます。

家の中にある不要なものを洗い出す作業は11月中に終わらせることを目標に進めましょう。