はじめに

模様替え、収納替えをして暮らしやすい環境を作る

11月に不要なものは捨てると、12月は家の中に必要なものだけとなっているはずです。次は大々的な環境替え。小さい範囲でいえば引き出しの中に収納する配置からはじまり、家具の置き場なども検討し、モノが取り出しやすくしまいやすい場所を考え、そしてホコリがたまりづらく掃除がしやすい環境を目指します。

掃除がしやすい環境にすると、衛生的に保ちやすくなります。例えば、全てのモノが収納する場所に入っていれば、床に散らばっているものがないので、拭き掃除も手間なく簡単にできるようになります。

最後にいつもの大掃除

いつもの大掃除とひと言で言っても人によって千差万別。一般的には日頃の掃除ではできていない場所を掃除していくものです。窓磨きやコンロ周り、冷蔵庫の中や下、家具の裏など。それらも前述の成果表兼ToDoリストに事前にピックアップしておくようにします。リストとして書き出してあることで、ちょっとした隙間時間にも掃除をすることができ全体の進行が早くなります。

忙しいと「大掃除が終わらなかった」とモヤモヤした気持ちで年を越す人が多くいます。今年は早めに始めて、来年以降スッキリとした環境で暮らせるようにしてみてはいかがでしょうか。