はじめに

2020年の新規上場(IPO)の初値が好調です。2020年は直近、10月30日に東証マザーズへIPOしたRetty(7356)までの62銘柄をみますと、公開価格に対する平均初値上昇率は2.4倍となっています。

2010年以降の最高値は2013年の2.2倍ですから、人気の高さがうかがえるでしょう。なぜ、IPOが好調なのでしょうか。


IPOが好調なワケ

人気が高い要因は、魅力的な銘柄が多いことがあると考えられます。さらに、もともとIPO銘柄の公開価格は、本来の価値から割安に設定される傾向にあります。IPOディスカウントや、プライマリーディスカウントと呼ばれます。

1

IPO銘柄への馴染みに薄さ、投資家の理解力の低さなどが背景にありますが、ディスカウント率は通常30%程度と言われます。それを考えますといくら魅力的であったとしても、2.4倍は相当な過熱感があると言わざるを得ません。

そもそも公開価格を大幅に上回る初値が付くということは、その初値で買ってもさらに株価が上昇するという期待があるからです。果たして実態はどうでしょう。IPO銘柄には初値天井のイメージが付きまといますが、それを払しょくできないのでしょうか?