はじめに

中国経済は2020年1~2月をボトムに投資主導で回復が続いています。固定資産投資は1~2月の24.5%減から1~9月には0.8%増へと小幅ながらもプラス圏に切り返しました。分野別には不動産開発投資が1~6月にプラスに転換した点は注目に値します。

今回は、「PropTech」(Property x Technology:不動産テック)として注目を集め、米NY市場に上場した「貝殻找房(BEKE)」を紹介します。


中国不動産市場はいち早く回復

不動産開発投資に関連して、中国の住宅市場はコロナ・ショックからいち早く回復しました。住宅販売面積は、ヒトの移動やヒトとの接触が厳格に抑制され大きく落ち込んだものの、3月に入ると回復傾向を強め、4月以降は前年の水準を上回るようになりました。

その理由として、(1)住宅購入層、特に複数の物件を所有する富裕層に対するコロナ・ショックの影響が相対的に小さかったこと、(2)中央政府は急速な価格上昇は避けたいが、地方政府の主要な財政収入の一つである土地使用権売却収入をしっかり確保するために、適度な価格上昇を期待していることなどが挙げられます。

中国の固定資産投資