はじめに

コントレイルら揃うジャパンカップでの売上増期待

身近なデータは、景気水準はまだ低いながら改善傾向続いていることを示唆しています。

JRA(中央競馬会)の今年の売得金・年初からの累計金額の前年比は2月29日から10月4日まで無観客レースとなり、ネット(ごく一部が電話)でしか馬券が購入できなくなったため、5月3日の週までの累計では▲6.2%まで悪化しました。しかし、そこから改善し、11月15日の週までの累計前年比は+2.5%の増加となりました。

コントレイルが史上3頭目の無敗3冠を達成した菊花賞の売得金は前年比+30.4%と大きく伸びました。コントレイルに、市場初の無敗牝馬3冠を達成したデアリングダクト、そして史上初の芝GI8冠を達成したアーモンドアイが揃って参加するファン注目の11月29日ジャパンカップでの売上増も期待されるところです。年間のJRA売得金は9年連続前年比増加が見えてきました。

『鬼滅の刃』の映画大ヒット、コラボ商品など消費に寄与

『鬼滅の刃』が大ブームとなっていることも景気のプラス要因と言えるでしょう。週刊少年ジャンプに今年5月まで連載されていた作品で、時代は大正時代の設定。鬼に家族を殺された少年・竈門炭治郎が、鬼にされた妹を人間に戻すべく、鍛錬し、鬼殺隊として仲間とともに鬼と戦うストーリーです。登場人物の背景もしっかりと描かれています。

昨年放送されたテレビアニメの第一部が人気を集め、主題歌の「紅蓮華」もヒットしました。コロナ禍でステイホーム中に子供たちが読んでいた『鬼滅の刃』を、大人も読んだ家庭も多かったと思われます。

コミックは22巻まで現在出ていますがが、20巻程度だと最初から読むのに適当な長さだったことも、幅広い年代層のファンを作った一因でしょう。

『鬼滅の刃』を原作としたアニメの第一部の続編にあたる、映画「『鬼滅の刃』無限列車編」が10月16日に劇場公開され25日までの10日間の興行収入は107.5億円になりました。公開10日間での100億円突破は、史上最速です。

公開31日目の11月15日までで233.5億円になり、映画の興行収入歴代第5位につけています。映画は原作の7巻と8巻にあたるので、まだまだ続編を作ることができそうです。

1_歴代映画興行収入ランキング

新型コロナウイルスの影響で第三次産業活動指数の映画館の前年同月比は5月に▲98.7%まで落ち込み、最新データの9月分でも▲44.9%の2ケタ減少です。しかし『鬼滅の刃』で映画館は息を吹き返したようで、12月14日発表の10月分データが待たれるところです。

関連の子供向け玩具・ゲームだけでなく、コラボ商品が、食品、飲食店、コンビニ、公共交通機関、郵便会社など様々な業界から相次いで販売されています。コラボ商品だけでなく、主人公が着ている羽織と同じ、市松模様の反物などの関連商品が売れているという話もあります。

新型コロナウイルスの感染拡大で低迷する消費の押し上げに寄与していると言えるでしょう。

この記事は参考になりましたか?