はじめに

ホンダの軽自動車「N(エヌ)シリーズ」において、ベーシックカーとしての高い基本性能を持つのがN-ONE(ワン)です。今回2代目にスイッチしたN-ONEですが、パッと見た目が「旧型と変わらない」という声が出ていました。しかしそこにはホンダのある戦略が隠れていました。


堂々と初代を継承することを宣言

元々N-ONEは1967年に発売され大ヒットした「N360」のオマージュとも言えるモデルです。丸目2灯のヘッドライトや無駄をそぎ落としたクリーン&シンプルなデザインが評価されました。

しかし時代はN-BOXに代表されるようなスーパーハイト系ワゴンが人気。現在NシリーズにはN-BOX、N-WGN(ワゴン)、そしてこの2世代目から登場した軽商用車であるN-VANがあり、N-ONEの存在自体が希薄なってきたこともあります。

しかし、このデザインを継承しつつ、現在の軽自動車に求められている安全&快適性能を搭載したのが新型N-ONEなのです。

N-ONE4WD車を除き全高を1545mmに統一することで立体駐車場への入庫も可能にしました

ホンダはN360から初代N-ONEで培ったデザインを継承することを決断しました。「良いものは時代を超えて支持される」。これを「タイムレスデザイン」と呼ぶことで末永く愛されるクルマとして開発したのです。