はじめに

一般的なファーストフードよりクオリティが高く、高級店ほどの高額でもないハンバーガーブランドといえば、誰もがまず筆頭にモスバーガーを挙げると思います。定番はモスバーガー、テリヤキバーガーなどのラインですが、今から12年前の2008年より、「新定番」として登場したのがとびきりハンバーグサンドシリーズです。

このとびきりシリーズには、後に定番になったもの、限定だったものなどありますが、いずれもモスバーガーならではの意欲作ばかりでした。今回はモスバーガーを展開するモスフードサービス広報担当者の方の案内のもと、とびきりハンバーグサンドシリーズの歴史を振り返ります。


モスブランド初の国産肉100%使用のハンバーガー

定番ラインよりやや高額ではありながらも、牛豚合挽きの国産肉100%使用で、通常パティの約1.5倍(スタート時)とあり、絶大な人気を誇り、今日まで新たな商品がリリースされ続けています。10周年を迎えた2018年にはさらにパティを20%増量し、通常パティの約1.8倍にアップ。よりふっくらとした食感も実現し、定番ラインと合わせてよりアツい支持を得るようになりました。

tobikiri_01「とびきりハンバーグサンド」

まずは、現在までのとびきりハンバーグサンドシリーズの草分けとなった、名前もそのままの「とびきりハンバーグサンド」。2008年に発売された商品ですが、もともとかなり美味しいモスバーガーの定番ラインの細部のグレードをさらに上げたアイテムでした。

「国産肉(牛豚合挽き)100%使用のパティは通常の約1.5倍でありながら、いかに価格を抑えるかが一番の苦労でした。流通量に限りがある国産肉の安定的な仕入れ、お店でのスタッフオペレーションにも負担がかかりすぎないことも条件でした。これらの条件下で、いかにジューシーでハンバーグ感を出すかなどを、配合・厚みを何度も調整しながら完成した商品でした」(モスフードサービス広報担当者)

このシンプルな「とびきりハンバーグサンド」は期間限定だったため販売終了していますが、本商品を礎とし、以降も改善を加えながら様々なとびきりハンバーグサンドシリーズの限定商品が生まれていくことになりました。