はじめに

条件を満たしたら年額約39万円が支給される「加給年金」と呼ばれる“スゴい年金”があるのを、あなたはご存知でしょうか? この言葉をはじめて聞く人は、多いはず。なぜなら、「加給年金」は「ねんきん定期便」に掲載されていないからです。なぜ、掲載されていないのか? それは、加算されるしくみや条件が複雑だからです。「加給年金」がもらえる条件と、その「落とし穴」について解説します。


加給年金は「つなぎの年金」

(1)加給年金の目的

ねんきん定期便を見れば、将来受け取れる年金見込額が載っていますが、「加給年金」は含まれていません。実は、加給年金という単独の年金は存在していません。老齢厚生年金に条件付きで加算される家族手当のようなもので、「加給年金額」というのが正しい名称です。

大半の会社で実質的な定年は60歳です。一方、年金を受け取れる年齢は原則として65歳、5年のブランクがあります。その間、夫婦そろって年金を受け取れるようになるまでは収入が厳しくなります。そのため配偶者が65歳になって老齢基礎年金を受け取れるまでの間の「つなぎの年金」として加算されるものです。

なお、高校生までの子供がいる場合にも加算されますが、この記事では、「子供は独立している」と仮定してお話しましょう。

(2)加給年金額はどのくらい?

加給年金額は、配偶者がいる場合に加算されます。2020年度の場合、特別加算16万6,000円を含め39万900円となっています。