はじめに

片思いすること2年、ひょんなことからつきあうことになり、さらには結婚まで。大好きな彼とそんなことになったらうれしくてたまらないはず。ところが結婚からその後の生活に至るまで、なんとすべての費用を彼女が出すことになってしまったら……。


大好きだった人とつきあえることになって

学生時代、少しだけつきあったことのある彼と、30歳を過ぎて再会。未練が再び恋心となり、ずっと片思いをしていたというのはアユミさん37歳。

「再会してから当時のグループで定期的に飲み会をやるようになったんです。その日だけは残業を断っても出向いていました。彼が来る可能性があるなら、と。だけど私、どうも恋愛がうまくいかない20代を過ごしていたので、自分から積極的に出ることはできなかったんです」

月に1度ほどの会合が楽しみでしかたなかったとアユミさんは言います。グループでSNSを使って情報交換や近況報告もしていましたが、そこにも彼が投稿するとつい反応して熱く語ったこともあります。それでも自分からデートに誘うことはできませんでした。

ところが2年ほどたったとき、いつも7,8人集まるのに3人しか来られない日がありました。うちふたりはアユミさんと彼。ゆっくり食事をしていると、もうひとりの男友だちに会社から緊急の呼び出しがかかりました。

「ふたりになってしまって、私としてはラッキーと思ったけど、同時に緊張感が走りましたね。彼のほうはまったく変わらない様子でした。ここで親しく話しておかないと距離が縮まらないと焦った私は、あまり飲めないお酒の力を借りて、大学生当時の話や趣味の話を一生懸命したんです。彼もだんだん乗ってきたんですが、ふとしたときに『オレたち、どうして別れちゃったんだっけ』と言い出して。お互い就活が忙しくて、なんとなく疎遠になったと私は記憶していたんですが、彼は私が冷たくなったと言うんです。それはない、だって今だって、と言いかけて思わず黙ると、彼が『オレもアユミちゃんのこと思ってたよ』って。思わず涙があふれました」

彼女の涙を見て彼は焦り、ふたりで大笑いしたそうです。この日からふたりはつきあい始めました。