はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、51歳、会社員の女性。夫はあと4年で完全に定年退職したいそうですが、大学生と高校生の子どもの学費の支払いもあり、相談者は健康面からいつまで働けるかわからないと言います。老後資金は大丈夫でしょうか? FPの飯田道子氏がお答えします。

夫が60歳で退職したいと言うが自分も健康面に不安があるのでいつまで正社員でいれるかもわからず、老後資金に不安がある。

【相談者プロフィール】
・女性、51歳、会社員、既婚
・同居家族について:夫(56歳)、長女(20歳・大学3年生)、長男(17歳・高校3年生)
・住居の形態:持ち家(戸建て)
・毎月の世帯の手取り金額:55万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:230万円
・毎月の世帯の支出の目安:24万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:0円
・食費:5万円
・水道光熱費:2万1,000円
・教育費:1万円
・保険料:4万4,000円
・通信費:1万4,000円
・車両費:1万5,000円
・お小遣い:8万円
・その他:6,000円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:31万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:40万円
・現在の貯蓄総額:2,100万円
・現在の投資総額:株100万円
・現在の負債総額:0円
・住宅ローン:完済済
・公的年金:夫12万/月、妻5万/月 
・退職金:夫2,000万程度、妻なし

飯田:今回は、老後資金に不安を感じている相談者様のお話です。ご主人様が60歳で退職を希望するものの、相談者様ご自身に健康面に不安があり、いつまで正社員でいれるかもわからずに不安を抱いているようです。相談者様のケースでは、どのように考えていけば良いのでしょうか? 注意するべき点などもあわせて考えてみましょう。