はじめに

初詣・参拝のオンライン化は、縁起に影響がなさそうなものが望ましい?

次の質問は「初詣・参拝で取り入れられたら体験してみたいと思うものを教えてください」というもの。コロナ禍以降、あらゆる分野でオンライン化が加速していますが、これを初詣に置き換えた際、多くの人はどのようなものなら体験したいと考えているのでしょうか。

回答は、「オンラインおみくじ(29.2%)」「キャッシュレス賽銭(26.9%)」といった比較的、ご利益に影響を及ぼさないようなものが上位を占めた一方、縁起に影響しそうな「オンライン厄払い(8.6%)」「オンラインお清め(8.1%)」は下位になりました。

その理由を見てみると、
「厄除けや御朱印、お賽銭は直接神様や宮司さん、巫女さんとやりとりしたい(20代女性・京都府)」
「厄除けだけは直接厄払いして頂きたい(50代男性・愛知県)」
といったものでした。「参拝」という目的をオンラインで行うのは望ましくないと考える人が多い結果だと感じました。

一方、「境内でソーシャルディスタンスを確保しながら、各所にキャッシュレス賽銭があったら施策としてどうですか?」という質問では、「とても良いと思う(13.9%)」「どちらかといえば良いと思う(43.4%)」と、半数以上のほうが賛成の声を上げています。

一見味気なく感じるキャッシュレスでの賽銭ですが、コロナ禍における施策としては多くの人が理解を示す結果となりました。