【お金のお悩み募集中】家計、住宅ローン、老後資金…読者の悩みにFPが回答!

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、46歳、会社員の男性。定年後の余暇を満喫するために、60歳前に退職したいという相談者。どの程度お金を貯めれば希望は叶うのでしょうか? FPの秋山芳生氏がお答えします。

現在の世の中の流れからすると、組織や個人としても70歳まで働かなければなりません。70歳を過ぎてからですと、旅行など余暇を満喫できなくなり、働くための人生で終わってしまうのではないかと心配です。現在からどの程度のお金を貯めれば60歳前に早期退職ができるようになるのでしょうか。

【相談者プロフィール】
・男性、46歳、会社員、既婚
・同居家族について:妻(47)、両親と義理の母の3名(収入なし)。将来的には介護の必要があると思います。
・住居の形態:持ち家(戸建て)
・毎月の世帯の手取り金額:69万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:280万円
・毎月の世帯支出の目安:40万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:13万円
・食費:6万円
・水道光熱費:2万円
・保険料:3万円
・通信費:2万円
・車両費:1万円
・お小遣い:10万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:8万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:20万円
・現在の貯蓄総額:1,300万円
・現在の投資総額:300万円
・現在の負債総額:2,000万円(住宅ローン1,900万円)
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ