<PR>新電力に切替えで「マネーフォワード ME」のプレミアム機能が無料!

はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、51歳、会社員の女性。受験生と大学生のお子さんを持つ相談者夫婦。ボーナスを子どもたちの学費にあてており、老後資金の準備まで回す余裕がないといいます。どのように対策すればいいでしょうか。FPの黒田尚子氏がお答えします。

老後資金が不安。ボーナスのほとんどを学費に当てている状態で、思うように貯蓄ができません。第二子も大学進学予定なのであと5年は学費の支払いが続きます。新型コロナウィルスの影響で、今後ボーナスは減少する見込みです。私(妻)に持病があるため定年まで働くことは難しいと思われます。年金や退職金は60歳まで今のまま働いた場合の金額です。今年中(2020年)に自動車の買い替え300万円を予定しています。
※内容は編集部で一部編集しています。

【相談者プロフィール】
・女性、51歳、社員、既婚
・同居家族について:妻(52)、夫婦とも会社員、大学3年(21)、高校3年(18)
・住居の形態:持ち家(マンション・集合住宅)
・毎月の世帯の手取り金額:70万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:300万円
・毎月の世帯の支出の目安:52万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:10万円
・食費:8万円
・水道光熱費:3万円
・教育費:10万円
・保険料:5万3,000円
・通信費:2万3,000円
・車両費:1万5,000円
・お小遣い:8万円
・その他:3万9,000円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:18万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:40万円
・現在の貯蓄総額:1,050万円
・現在の投資総額:50万円
・現在の負債総額:1,200万円
・住宅ローン:物件購入額3,650万円、借入額3,300万円、金利1.35%、返済期間残り10年(夫62歳まで)、残債1,200万円
・老後資金:公的年金240万円(夫)、200万円(妻)、退職金:1,500万円(夫)、1,000万円(妻)
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ