はじめに

レクサスブランドのフラッグシップクーペであるLC500、これをさらに進化させ新しい世界観を創造したのが2020年6月に追加設定された「LC500Convertible(コンバーチブル)」です。世界一美しいオープンカーと言われるこのモデルの魅力を試乗を通してお伝えします。


日本導入前から高い人気

LC500コンパーチブルはまず最初に2019年1月のデトロイトモーターショーにてコンセプトカーとして発表されました。その後、2019年11月のロサンゼルスオートショーにて世界初公開。日本は少し遅れて2020年6月18日に発表されました。元々ベースとなるクーペモデルであるLCの市場投入が2017年3月ですからそれなりに時間は経っていましたが、筆者も2019年の東京モーターショーで展示されたコンセプトモデルを見る来場者の期待を肌で感じた記憶があります。

前にも記事で触れましたが、このモデルを市場投入する際、特別仕様車として60台限定のLC500 Convertible “Structural Blue”を発売しました。元々レクサスのオーナー向けに40台、残り20台を一般向けに抽選販売を行う方式だったこともあり、瞬く間に売り切ったこともマーケティング上の戦略としては上手いと感じていました。

ハイブリッドの設定が無い理由

前述したクーペモデルであるLC500には5リッターV8と3.5リッターV6のハイブリッドシステムを搭載するエンジンが設定されています。

搭載される5リッターV6エンジン。477PSという圧倒的なパワーに世界初の10速ATを組み合わせます

しかしコンバーチブルモデルはV8のみの設定です。レクサスのエンジニアに立ち話でサクッと話を聞いたところ「ハイブリッド車の場合はバッテリーを搭載するスペース等が必要ですが、コンバーチブルの場合はトップを収納するスペースが必要になります。2シーターにすれば可能かもしれませんが、その考えはありませんでしたのでV8エンジンのみとなっています」とのことでした。

もちろん、販売上でも利益率は高くても台数自体は多くは見込めないモデルですからあまりバリエーションを増やすのも考え物です。また同じエンジンを搭載するクーペと比較してもコンバーチブルは車両重量が100kg前後増えてしまうので動力性能に余裕があるV8の設定は必然的とも言えたはずです。