はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、54歳、会社員の男性。60歳で引退できるように、退職金を含めて夫婦で3,000万を老後資金として準備している相談者。ところが、シミュレーションしてみると70歳で資金が尽きる結果に。相談者が今からとれる対策は? 家計再生コンサルタントの横山光昭氏が運営する『マイエフピー』のFPがお答えします。

老後資金は3,000万円できるよう、貯金も節約も頑張ってきました。60歳で退職することを見込んで多めに準備できるように計算してきたのです。ただ、老後資金と見込んでいる蓄えのうち、2,000万円強が退職金。ですからあまり偉そうにできる状況ではないのですが、子ども2人を一人前に育て上げ、貯金もできたので、自分ではよく頑張ったと思っています。

ですが先日、インターネットでダウンロードできる「ライフプラン表」に入力をしてみたところ、70歳までこの3,000万円が残らない結果となりました。老後2,000万円問題がありましたが、それを超える金額を準備できるので大丈夫だろうと思っていただけに、かなりショックです。自分の入力の仕方が間違っていたのかもしれないと思い、何度か説明を読みながらやったのですが、すべて同じ結果です。

夫婦ともに還暦目前ですから、いまからではどうにもできないかもしれませんが、何に取り組んでいくと老後の生活が安心できるものになるでしょうか。せっかく頑張って3,000万円準備できる目途が立ったのに、悔しいです。

【相談者プロフィール】
・男性・54歳・会社員、妻:53歳・専業主婦、子ども2人は独立
・手取り収入:月収46万2,000円、年間ボーナス約90万円
・貯蓄:800万円
・毎月の支出の目安:43万2,000円

【毎月の支出の内訳】
・住居費(住宅ローン ):7万2,000 円
・食費:9万3,000円
・水道光熱費:2万6,000円
・通信費:2万1,000 円
・生命保険料:3万2,000円
・日用品代:7,000円
・医療費:6,000円
・教育費:1万6,000円
・交通費:4,000円
・自動車関連費:2万3,000円
・被服費:3万1,000円
・交際費: 17,000円
・娯楽費:7,000円
・こづかい:50,000円
・し好品(酒): 5,000円
・その他:2万2,000円

FP:老後資金の目標額を準備できる見込みが立っていたのに、予想外に早く無くなると予想できることが分かったのですね。60歳から65歳の無年金の時期に支出が多くなることを見込んで、多目に準備をされたようですが、年金受給後の生活費も実際は多くかかることが見込めたことによる結果なのかもしれません。