はじめに

コロナ禍によるリモートワークで、意外と気づいたことがあります。通勤時間がなくなり、1日に使える時間が多くなったことです。趣味に没頭する、家族との時間をより多く過ごすなど、様々な使い方があると思いますが、それまではやりたくてもできなかったスキルアップを図る人もいるそうです。

特に外国語学習は、オンラインで気軽に参加できる上、アフターコロナ期の社内改変、転職などで有利に活かせる可能性もあるため、静かに人気を博しているようです。そんな中、求人情報サイト「Daijob.com」を展開するヒューマングローバルタレントが興味深いデータを発表しました。コロナ前とコロナ後では、英語力が年収に与える影響が大きくなっているというものです。

調査対象は男女の求職者で、同社の求人サイトで企業側からスカウトがあった人。このデータをもとに、外国語学習の代表格である「英語」が、どう年収に影響するのかをご紹介します。


コロナ後の転職活動 英語力でより年収増

まず始めに【英語力別、コロナ前とコロナ後の年収比較(男女合計)】を見ていきましょう。

このグラフから分かることは、日常会話レベル・ビジネスレベルとも、いずれの年代においてもコロナ後のほうが各企業から高い年収でスカウトされていること。日常会話レベルでは40代の年収が57万円増、ビジネスレベルでは50代の年収が83万円増と伸長しています。

コロナ後、英語力や様々なスキルを持ち合わせた「強い即戦力を持つ人材」に大きな期待が寄せられていると考えられます。また、日常会話レベルの40代が57万円増なのに対し、50代になると6万円増と伸び幅が極端に短くなっている点も注目したいです。

このグラフから推測できることは「50代のビジネスレベルの英語力を持つ人材を求める企業が多い」「40代の日常会話レベルの人材を、50代までにビジネスレベルの英語力まで高めてくれることを期待している」ということです。逆に言うと「50代でビジネスレベルの英語力がない場合は、ノンスキルの人とさほど変わらない」ということでもあり、これから英語力を身につけスキルアップを図るのであれば、相当な努力が必要と言い換えることもできます。