はじめに

英語力がある50代女性のニーズが高い

また、前述のような傾向は、特に女性のビジネスパーソンに対して強くなっているようです。次に【コロナ前とコロナ後の英語レベルに伴う年収差の比較(女性)】を見ていきましょう。

女性ビジネスパーソンの日常会話レベル、ビジネスレベルそれぞれの英語力の年収差の比較では、コロナ前・コロナ後とも、年代が上がるにつれて年収差に大きな差が生まれています。

特に50代では、コロナ前の差は約1.4倍だったのに対し、コロナ後の差は約1.7倍に伸長。その年収差は271万円にも及び、企業がビジネスレベルの英語力を強く求める傾向が、ここでも示されています。

ビジネスレベル英語の女性、平均年収は50代で約2.2倍に!

そう考えると、さらに気になるのが、ノンスキルと、ビジネスレベルの英語力を持つ女性ビジネスパーソンの年収の差です。ここでさらに【コロナ後の英語力をもつ女性の平均年収と、国税庁調査の女性平均年収比較】を見ていきましょう。

このデータは、国税庁がコロナ前の2019年に行った「女性の平均年収」を元にしたものですが、この時点ですでにノンスキルとビジネスレベルの英語力を持つ50代の女性ビジネスパーソンの年収差は約2.2倍となっています。

前述の通り、コロナ後はビジネスレベルの英語力がさらに求められ、年収にも反映される傾向が強いことから、さらにこの差は広がっていくことが予測されます。