はじめに

高齢者の医療費は貯蓄で備えるのが合理的

次に後期高齢者で2割負担の場合を考えていきます。

2割負担になり、たしかに負担額は多くなりますが、必ずしも自己負担が倍になってしまうと言うわけではありません。なぜなら高額療養費制度があるので、自己負担額の上限が決まっているからです。年収383万円未満の方は、外来のみの1ヵ月の上限額は1万8,000円。外来・入院を合わせた上限額5万7,600円です。

これを医療保険の保険料と比べてみると、年間の保険料は1ヵ月分入院したときの自己負担額は、同じくらいです。しかも医療保険は、入院限度日数は60日型が一般的なので、長期の入院には対応していません。そう考えると、医療保険に入るよりも、その金額を貯蓄しておいた方が合理的だと言えます。

50歳代の医療費は年額約4万円!

ここで余談ですが、現役世代の自己負担額についても、注目していただきたいと思います。

現役世代は、医療費というのはあまりかかっていません。もちろん自己負担額も少ないです。たとえば、50〜54歳の医療費をみると年額は約5万円です。

50歳の医療保険の保険料は約3,000円です。年間の保険料は3万6,000円と言うことです。つまり年間の医療費の平均負担額と医療保険の1年分の保険料との差は、1万円ちょっとの違いです。ということは、わざわざ医療保険に入る必要はないと思いませんか。

つまり、医療保険というのは、「余裕資金がまったくなくて、もし病気になったときには生活が困窮してしまう人」にとっては必要な保険ではありますが、ある程度の余裕資金がある人には優先度の低い保険なのです。

医療保険は優先度の低い保険

まとめますと、医療保険というのは現役世代にとっては、余裕資金があれば必要のない保険です。また、医療費がかかる高齢者にとっても、健康保険制度があるので、必要度の低い保険です。それが2割負担になったとしても、医療保険の支払総額を考えるとその分を貯蓄しておいた方が合理的です。

高齢者は、健康を維持することに費用を使うことで、結果的に元気で長生きにつながり、かつ愉しい老後を過ごすことができると思います。

この記事は参考になりましたか?