はじめに

26歳で不動産投資を始めてから4年後の30歳で家賃収入・売電収入が年間5,000万円、年間のキャッシュフローが2,500万円となり、サラリーマンを卒業して独立を果たした越谷大家こと、今岡純一さん。現在34歳で家賃収入・売電収入が60,00万円超で、キャッシュフローも年間3,000万円超。さらに、物販の年間売上が約7,000万円、アフィリエイトが約3,600万円、FXが約1,000万円、株が約400万円で、副業を教えるためのセミナー講師やスクールの事業も行っている。前回に引き続き、不動産投資だけでなく、様々な副業を組み合わせるメリットに、話を聞きました。


利益が薄くても、副業をやってきたワケ

――不動産投資家で物販などもしているのは珍しい印象を持ちます。

私の場合、学生時代からFXをしていまして、製薬会社に入ったときに持ち株制度を活用して会社の株を買いました。これはサラリーマンにお勧めの手法です。新入社員のときは月1~2万円でしたが、しばらくしてからは上限の5万円まで買い続けていました。社員だと6%足されるので、5万円なら5万3,000円分買えます。もちろん自分の会社の「将来性が高い」と判断した上での話ですが。

製薬業界以外にも、シンプルに自分が好きな企業の株も買っていますし、株ではありませんが純金の積み立ても行っています。私が使っているのは住信SBIネット銀行の「純金積立」ですが、月々1,000円からコツコツ積立できるので、「株は値動きが心配」という人でも気軽に始められますよ。

――副業に興味を持ったのはなぜですか?

前回でお話しましたが、私は製薬会社のMRをしながらいずれは独立したいと思っていました。ただ、いきなり会社を辞めて起業するのではなくて、会社員をしながら副業をして、ある程度の実績を出してから独立したいと考えたからです。

私自身は「サラリーマンリタイヤ」を目標にしていましたが、辞める気持ちがなくても、「給与以外の収入の柱」をつくることは非常に大切だと考えます。今は大企業であっても終身雇用されるとは限りませんし、将来への不安というのも大きいです。とくに私の世代は自身の老後より先に、子どもの教育、親の介護がありますから。それらが終わったときに、どれだけのお金が残っているのか……。退職金や年金だけをあてにするのはむしろ危険です。

――それもそうですね。物販やアフィリエイトはどんなきっかけで始められたのですか?

アフィリエイトを始めたきっかけはAmazonです。お勧め商品のアフィリリンクを貼ってブログで紹介したところ、多くの人が買ってくださいました。物販は2018年から始めています。不動産で得た収益を、「貯めるだけではなく、手堅く運用していくにはどうしたらいいのか」と考えた先に物販事業がありました。FXや株も同様で、一攫千金を狙っているわけではありません。

――まず先に不動産投資があったのですね。

私の場合はそうです。一般的に物販を行うサラリーマンは、物販だけでお金を稼ごうとする傾向にありますが、私の場合は不動産で得た利益を手堅く物販で運用していくという考え方です。たとえ、そこまでの利益がなくても銀行に預けるよりもはるかに運用成績が良くなります。そうやって不動産投資から本格的にはじめた私の副業は、様々な副業を組み合わせる形で、それぞれを相乗させながら伸ばしていきました。それはサラリーマンを辞めた今でも続いています。