はじめに

新型コロナウイルス感染拡大後、業績の伸びる企業・下がる企業の明暗が分かれました。小売・旅行・サービス業は大打撃の一方、IT・Web業界は好調です。このような不安定な社会状況下で、2021年2月15日、30年半ぶりに日経平均株価が3万円の大台を回復しました。

先の見えない状況下で、誰もが「給料以外でいかに収入を増やすか」に関心を持っているのではないでしょうか。今回は、情報収集に長けている18~25歳の若者が考える投資先に注目します。アフターコロナの社会を支えてくれるであろう、今の若者層が投資についてどんな見方をしているのでしょうか。

これらの調査結果を発表したのが、ソーシャルレンディングサイトや不動産投資型クラウドファンディング横断検索サービス「CrowdCross」を運営するネクストライフです。その中身を、ここで詳しく見ていきます。


回答者の年収はおおむね300~400万円

はじめに、アンケートに回答した18~25歳の学生・社会人100名の年収を見ていきましょう。

toushi_01

1位が「年収300万円未満」56%、2位が「400万円未満」24%です。1~2位を合わせると80%で、回答者の過半数を占めます。20代の平均年収は348万円なので、若者の平均収入層がアンケートに回答していることが分かります。

一方で、「年収1000万円未満」の高所得層も2%もいました。若者も年収の格差が広がっていることが分かります。