はじめに

生命保険は、どんな人にどんな保障が必要なのでしょうか?

「家計に余裕がないので保険に入っていない……」と、保険にまったく加入していない人がいます。また、年収が低い人ほど保険の加入率が悪くなっています。もしかすると、保険が本当に必要な人に、正しく利用されていないのではないでしょうか。

その一方では、生命保険に入り過ぎている人もいます。ちょうどいい保険の加入というのは難しいですね。

Sasuke Financial labが行った生命保険加入についてのアンケート調査をみると必要な人に、保険が利用されていないのではないかと感じました。興味があり、調査を公表した企業に、原調査資料を共有してもらったところ、さまざまな発見がありました。

今回はデータを使って、「保険は必要がない」というは正しいのか? また、どんな人に保険は必要なのか?を解説していきます。


リスクに弱い人ほど備えは必要

この生命保険の調査では、年収が300万円、または500万円未満の人のデータが集まっているので、今の世相を反映しているように感じます。注目したのが、年収が300万円未満、あるいは300万円~500万円の層の方々の保険加入率が低いということです。

たしかに、収入が低い人は家計に余裕がありませんから、保険料などもできるだけ削りたいものです。ところが、じつは収入が低い人ほどリスクに対して弱いので、何かトラブルになった時に、生活が困窮する可能性が高いのです。

そう考えると収入が低い人こそ、もしもの場合のために保険で備えておく必要があります。もちろん、貯金をしてしっかり持っている人は別です。

しかし、もし準備のない人は本当に必要な保障だけに絞って、掛け捨ての安い保険でよいので、もしもの場合に備えられるようにしてはどうでしょうか。そして、ある程度の余裕資金ができれば、保険を見直すとムダがなく、そして安心した生活が送れるでしょう。