【特集】早期リタイア「FIRE」を実現する方法、個別相談にFPが回答

はじめに

こんにちは、マネックス証券 マネックス・ユニバーシティで暗号資産アナリストを務める松嶋(まつしま)です。この度、暗号資産(仮想通貨)投資に関する連載を始めることになりました。

「仮想通貨、価格が上がっててすごいね!自分も投資に興味があるんだけど、何から始めればいいの?」
「ビットコイン、最近すごくニュースで名前を聞くけど、何が起こってるの?」

暗号資産アナリストという仕事柄、こういった相談を周囲から受ける機会が増えました。メディアでも「仮想通貨」や「ビットコイン」といった言葉を多く目にします。今、多くの方が暗号資産(仮想通貨)投資に興味をもち始めているのではないでしょうか。

一方で、2018年に起きた大規模な国内取引所のハッキング事件等を受けて、国内では暗号資産(仮想通貨)に対するネガティブなイメージも根強いと思います。しかし、グローバルに目を向けると、昨年あたりから米国を中心に暗号資産(仮想通貨)に対する考え方が大きく変わりつつあります。

本連載では、なぜ暗号資産(仮想通貨)が投資対象として改めて世界的に注目されているのか、投資をする上では何がポイントとなるのか等について、暗号資産(仮想通貨)の基本に立ち返りながら、わかりやすくお伝えします。

なお、日本国内では「仮想通貨」と「暗号資産」2つの名称が使われていますが、本連載では、金融庁が2018年12月に正式名称にすると発表した「暗号資産」を採用します。しかし、2018年以前は「仮想通貨」という名称が一般的でしたので、当時を説明する際には適宜引用していきたいと思います。

続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ