はじめに

50代は、そろそろ定年退職やセカンドライフが視野に入ってくる頃です。会社員の場合は50代半ばが収入のピークになる場合が多く、暮らしをコンパクトにしていく方向での見直しを意識する人が増えていきます。

そんな50代の都内で暮らす独身女性の、平均年収や貯蓄額、生活費はいくらくらいなのでしょうか。データをもとに見ていきたいと思います。


東京都の50代女性の年収は、約394~399万円

厚生労働省の「2020年賃金構造基本統計調査」によれば、50~54歳までの女性の平均賃金は27万4,700円、55~59歳では27万1100円です。

ただし、企業の規模によって平均賃金に差があり、大企業のほうが、中小企業よりも高額になっています。

ここで注目したいのは、50代前半までは年齢を重ねるごとにアップしていきますが、50代後半からは逆にダウンしていくこと。小企業では50代前半よりも後半のほうが若干アップしていますが、60代からはダウンしています。このことから、50代は支出全般に見直しをする時期と言えます。

同調査では、都道府県別の平均賃金も出しています。全国平均よりも高い水準なのは、5都府県(東京都、神奈川県、大阪府、愛知県、京都府)でした。東京都は全国平均の1.21倍と最も高かったことがわかります。

東京都の50~54歳女性の平均年収は、全国平均の1.21倍とすると、約398万9,000円。55~59歳では、約393万6,000円です。月の手取りにすると、50代前半では月26、7万円あったものが、50代後半になると数千円少なくなる計算です。