【SDGs】コオロギ食から世界の電気自動車(EV)まで、今注目のエコトレンドを特集!

はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、42歳、専業主婦の女性。夫は手取り年収1000万ほどあるのに、あまり貯金ができずに教育費が心配だという相談者。費目ごとに夫婦別々で家計を管理しているといいますが……。FPの横山光昭氏がお答えします。

小学生、中学生の子どもがいます。教育費を貯めたいのですが、今のペースでも大丈夫かどうか、教えてください。

4年ほど前、我が家にほとんど貯金がないことに気が付きました。そこから奮闘して毎月の支出を絞り、貯めたお金は500万円。結構貯まったように思っていましたが、気が付けば中学3年の娘は高校受験。私立の高校に入学を希望しています。また、小学生の弟は今5年生です。私立の中高一貫校への進学をさせたいと考えており、そうなると500万円ではお金が足りないのではないかと思っています。

もちろんこれからも貯めていきますが、家計簿をつけることが苦手なため、夫が私のお金の管理の仕方を信頼してくれず、生活費程度しかもらえていません。私が毎月管理しているのは、食費、日用品代、被服費、医療費、私の小遣いを合わせた20万円。夫はそれ以外と自分の小遣いです。特に小遣いにはこだわりがあり、自分の稼ぎなので、小遣いという枠はつけたくないというため、いくら使っているのかわかりません。でも、夫が付けている支出の記録を見せてもらうと、私が管理する分の残りは貯めていますが、夫管理の分は毎月使い切っているように感じています。ですから、私が収入のすべてを管理できると、もっとお金が貯まるのではないかと思うのですが‥…。

このような状況ですが、何か良い方法はあるでしょうか。

【相談者プロフィール】
・女性、42歳、専業主婦。夫、48歳、会社員
・手取り収入:夫月収62万4,000円、年間ボーナス約200万円
・貯金:約600万円(内500万円がこの4年で貯めたもの)
・毎月の支出の目安:約48万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費(ローン・管理費):15万2,000円
・食費:5万7,000円
・水道光熱費:2万1,000円
・通信費:1万5,000円
・生命保険料:1万1,000円
・日用品代:8,000円
・医療費:2,000円
・教育費:7万8,000 円
・交通費:6,000円
・被服費:7,000円
・交際費:2,000円
・小遣い:7万円(夫分を5万円と推定)
・娯楽費:5,000円
・し好品(酒):1万8,000 円
・その他:2万8,000 円
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ