はじめに

新じゃがは普通のじゃがいもと比べると皮が薄く栄養豊富!ですので、皮は剥かずにそのまま食べたいものです。そこで今回は新じゃがを皮まで美味しく食べることができる「ツナ缶と新じゃがの煮物」を紹介します。新じゃがを使うことで煮る時間も少なく、気軽に作ることができますよ。


「ツナ缶と新じゃがの煮物」材料(4人分)

材料 分量
新じゃが 約300g
ツナ缶 1缶
生姜 20g
ごま油 大さじ2
黒糖 15g
50㏄
醤油 大さじ1

「ツナ缶と新じゃがの煮物」作り方

1. 新じゃがはよく洗い、芽をとって1個を4つに切り、面取りをする。生姜は千切りにする。

2. 鍋にごま油と(1)を入れ、新じゃがに焼き色がうっすらつくまで炒める。

3. ツナと黒糖を加えて混ぜあわせ、酒と水100ccを加えて蓋をし、10分煮る。

4. (3)に醤油を加え、全体を混ぜ合わせたら完成。

「ツナ缶と新じゃがの煮物」を美味しく作るポイント

一度冷ましてから食べると、じゃがいもの中まで味がしっかり染み込み、よりおいしく食べることができます。

【調理時間】20分

レシピ/菅 智香
育児料理アドバイザー。食育インストラクター、AGEフードコーディネーター。
一般企業退職後、結婚、出産を経て、改めて食の大切さを感じ、食育インストラクターの資格を取得。
SNSを中心に、子供と一緒に作る料理、子供に食べさせたい料理を提案、百貨店などにて登壇中。

(この記事はケノコトからの転載です)

この記事は参考になりましたか?