はじめに

3月決算企業の決算発表が一巡し、株式市場では2022年3月期(2021年度)に成長する分野や業績の良さそうな企業に注目が集まっています。そこで今回は、新たな拡大局面を迎えるソフトウェア投資と注目したいITサービス企業を紹介します。


ニューノーマル社会に対応するソフトウェア投資が増加

4月に発表された日銀短観の3月調査では2021年度の全産業ベース(有効回答8,120社を対象)のソフトウェア投資の計画値は前年度比6%増の4.3兆円となり、今年度は2年振りにソフトウェア投資が拡大する見通しにあります。

今年度にソフトウェア投資が増える理由で大切なところは、ニューノーマルと呼ばれる新常態など、産業社会の構造的な変化に対応するためにソフトウェア投資の必要性が高まっていることです。

自宅のインターネットで買い物をする「巣ごもり消費」という新しい消費の形や、在宅で仕事を行うテレワークという新しい働き方が定着するニューノーマル社会に対応するために、従来は(イーコマースでない)リアルの店で商売をしていた企業がイーコマースを行うようになり、テレワークではクラウドで仕事をするようになりました。オンライン医療、オンライン教育、キャッシュレス決済などの新たなビジネスも広がり始めており、それらに必要なのがソフトウェア投資なのです。

デジタルトランスフォーメーション(DX)で「2025年の崖」を回避へ

経済産業省は2018年に発表した「DXレポート」で「2025年の崖」と称し、複雑化・老朽化したITシステムを使い続けると、2025年を節目にIT人材の不足やサポートの終了などの問題が発生するリスクが高まり、最大で年間12兆円の経済損失が生じる可能性を指摘しました。

経済損失を防ぐためには、老朽化したシステムの刷新や、新たなデジタル技術を活用した新しいビジネスモデルを生み出すことが求められています。「2025年の崖」を回避するためにも、クラウド、IoT、人工知能(AI)、自動運転、ロボットなどの新たなデジタル技術を活用して、業務の効率化やデジタル化、ビジネスモデルの変革や企業の成長につなげるデジタルトランスフォーメーション(DX)に向けたソフトウェア投資の拡大が期待出来そうです。