読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、27歳、会社員の男性。近々彼女との結婚を前提とした同棲を計画中。将来は、首都圏で車や一戸建てを手に入れて不自由なく暮らしたという相談者に、FPが伝えたい家計の3つのルールとは? FPの氏家祥美氏がお答えします。

1都3県で生涯快適に暮らすために必要な費用を知りたいです。

現在都内で一人暮らしで、残業代込みの年収は500万程度。近々彼女と結婚を前提とした同棲予定です。場所は千葉を予定しています。将来的に住居(リセール込みの中古マンション購入、最終的に一戸建て希望)や、車の購入をある程度不自由なくできる状態にしたいと考えています(車であれば400万前後まで購入できる等)。

彼女は幼稚園教諭で、年収の上限がある程度決まっている状態です。自分自身は将来的にある程度伸びると予想されます。上記の希望を叶えるためにどれくらい収入と貯蓄があればよいのか知りたいです。

【相談者プロフィール】
・男性、27歳、会社員、独身
・住居の形態:賃貸(東京都、一人暮らし)
・毎月の世帯の手取り金額:25万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:110万円
・毎月の世帯の支出の目安:20万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:7万5,000円
・食費:3万円
・水道光熱費:8,000円
・教育費:3,000円
・保険料:7,000円
・通信費:6,000円
・車両費:8,000円
・お小遣い:4万円
・その他:2万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:5万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:50万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):130万円
・現在の投資総額:外貨建て生命保険(年利3.5%)300万(毎年40万)、つみたてNISA16万(毎月2.7万)
・現在の負債総額:0万円
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ