はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回は、派遣社員として働く46歳の女性からのご相談です。貯金をうまくできずに、長女の教育ローンや長男の塾代で赤字になってしまっている相談者の家計。これから大学を目指す長男に借金は抱えさせたくないと言いますが…。家計再生コンサルタントの横山光昭氏が運営する『マイエフピー』のFPがお答えします。

共働きの夫婦です。今まで頑張って働いてきたのですが、思うように貯金ができませんでした。そのため上の子は教育ローンを使い、短大に通って社会人になりました。

次に下の子が進学なのですが、上の子の教育ローンの返済や塾代などで赤字になってしまっており、教育費の工面の仕方に悩んでいます。支出を見直して改善できるものなのでしょうか。しっかりと教育を受けさせたいのですが、借金を抱えさせることはしたくありません。

夫のボーナスから貯められれば良いのですが、赤字の補てんで何もなくなってしまいます。何とか貯められるようになる方法はあるのでしょうか。

【相談者プロフィール】
・女性、46歳、派遣社員
・同居の家族:夫、47歳、会社員・長女、20歳、社会人。長男、17歳、高2
・手取り月収:相談者15万6,000円、夫28万4,000円
・年間ボーナス:夫約60万円
・貯金額:約60万円
・毎月の支出の内訳:48万1,000円

【毎月の支出の内訳】
・住居費(住宅ローン):102,000 円
・食費:8万1,000 円
・水道光熱費:20,000 円
・通信費:1万3,000 円
・生命保険料:2万3,000 円
・日用品代:1万円
・医療費:1,000 円
・教育費:4万7,000 円(長男塾代)
・交通費:1万3,000 円
・車両費:2万1,000 円(リース代。ボーナス時5万加算)、ガソリン代5,000円
・被服費:1万7,000 円
・交際費:5,000 円
・娯楽費:1,000 円
・こづかい:6万5,000 円(夫3万 息子2万 妻1万5,000円)
・その他:2万2,000 円
・教育ローンの返済:4万円

FP:毎月4万円ほどが赤字のようです。カーリースのボーナス払いもありますから、ボーナスも残らない状況となっています。支出を見直して貯めるようにしていかないと、教育費どころかご夫婦の老後資金も不安な状態です。