はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回は、32歳、共働きの男性からマイホームご購入についてのご相談です。共働きで年収は約1,200万円、お子さんが二人いる相談者のご家庭。6,000万円の家をフルローンで購入して問題ないでしょうか? FPの横田健一氏がお答えします。

6,000万円の家をフルローン(諸経費は現金にて)で、35年固定金利で購入してよいでしょうか。

現在32歳の共働き夫婦です。会社員と公務員で、税込年収は合わせて1,200万程度あります。毎月10万を現金(住宅資金)で、積立NISA含む投信で4万6,000円(教育資金)、iDeCoを投信で2万3,000円、持株会で2万の貯金をしています。

子どもは2歳と0歳で、中学から私立を見込んでおります。車はカーシェアを活用することで購入予定はありません。現在賃貸でそれなりに過ごしているのですが、上記の金額程度の家を購入して問題ないでしょうか。

【相談者プロフィール】
・男性、32歳、会社員、既婚
・同居家族について:
私(夫)/会社員、税込年収約650万円。年収は2年後800万、その後定年に向けて1,000万程度〜1200万になる見通し、退職金1500万円想定
妻/32歳、公務員、税込年収約550万円、退職金1,500万円想定(現在育休、1年後復帰予定)
子ども/2歳、0歳
・住居の形態:賃貸(東京都)
・毎月の世帯の手取り金額:50万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:200万円
・毎月の世帯の支出の目安:45万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:16万円
・食費:5万5,000円
・水道光熱費:1万5,000円
・教育費:2万円
・保険料:2万円
・通信費:0(小遣いにて各々。格安スマホ)
・お小遣い:10万円(それぞれ5万円)
・その他:8万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:20万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:40万円
・現在の貯蓄総額:700万円
・現在の投資総額:350万円
・現在の負債総額:0円

横田:ご相談頂きましてありがとうございます。株式会社ウェルスペントのファイナンシャルプランナー、横田健一です。

マイホーム購入の予算についてのご相談ですね。まずは今後のお金を「見える化」するところから始めたいと思います。

今後30年間の収支や資産残高を「見える化」しましょう!

最初に次のような前提で今後のお金を「見える化」してみたいと思います。

●ご相談者様、配偶者様ともに現在のお仕事を60歳まで継続
●ご相談者様の税込年収は60歳で1,100万円まで緩やかに上昇、退職金は1,500万円
●配偶者様の税込年収は現在の水準で60歳まで継続、退職金は1,500万円
●お子様は二人とも中学から私立で、大学は私立理系(小学校4~6年は、受験のための学習塾代として、小4で60万円、小5で100万円、小6で140万円必要と想定)
●お子様の養育費として小学生の時はお一人30万円/年間、中学生以降大学卒業までは50万円/年間がかかると想定
●2021年に6,000万円の物件を購入し、35年、固定金利1.5%で住宅ローンを借りる。また、諸費用は480万円(物件価格の8%)とし、手元資金で賄う
●貯蓄の利回りは0%、投資資産の運用利回りは3%、またマイホームは年率マイナス1%で減価していく
●家計として年間収支が黒字の年は、黒字金額の3割を投資にまわす