はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回は、20代のご夫婦から、住宅ローンについてのご相談です。共働き、子ども1人の相談者夫婦。7000万円の住宅購入を希望しています。適正な借入金額や返済期間はどのくらいでしょうか? FPの渡邊裕介氏がお答えします。

第一子誕生を機に、新築戸建ての購入を検討しています。

夫婦ともに20代共働きで、夫は今後昇給が見込まれる中、似た年収で同じ家族構成のインターネットの情報では、年齢層や貯蓄額が異なり、あまり参考になりません。ローン借入適正金額や返済期間の生活にどの程度余裕があるか、学費の貯蓄がどの程度可能なのか分からず、ローン借入額が定まりません。

・購入額7,000万円
・借入額6,700万円
・頭金300万円
・金利1.0%、返済期間35年
を想定しています。

【相談者プロフィール】
・女性、25歳、会社員、既婚
・同居家族について:
 夫/28歳、会社員、月収手取り44万
 妻/会社員、月収手取り20万
 子ども:1人、0歳
 家族の介護なし
・住居の形態:賃貸(埼玉県)
・毎月の世帯の手取り金額:64万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:60万円
・毎月の世帯の支出の目安:40万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:15万円
・食費:6万円
・水道光熱費:2万円
・教育費:5万円
・保険料:1万円
・通信費:5,000円
・車両費:0円
・お小遣い:0円
・その他:10万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:13万円
・ボーナスからの年間貯蓄額:30万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):300万円
・現在の投資総額:250万円
・現在の負債総額:0円

渡邊:こんにちは。ファイナンシャルプランナーの渡邊です。20代共働きご夫婦の新築戸建て購入のご相談です。将来のお子さまの教育費準備をしながら適正な物件価格を知りたいとのことです。