<PR>起業家シバタナオキ氏登壇!『マネーフォワードWeek』無料申込み受付中

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、47歳、会社員の男性。定年前に起業するため、資産形成に力を入れているという相談者。効率よく資金を貯めるためにはどうすればいいのでしょうか? 家計再生コンサルタントの横山光昭氏が運営する『マイエフピー』のFPがお答えします。

定年年齢になる前に、起業したいと考えています。資産形成は割と頑張っていると思っているのですが、まだ足りないようにも感じます。家計を絞れば、まだお金を残せるのではないかと思うのですが……。

支出を削減できるところを見つけ、どのように削減していくと良いのか、そのコツも教えてほしいと思っています。また、貯金のペースがこのままで良いのか、今後どうしていくと良いのかということも伺いたいです。

家計管理については、現状は共働きの妻と完全に別財布で、自分の分はアプリで管理しています。妻はどうしているのか分かりませんが、貯金の額や給料の額などの話はしています。

子供が3人いて、二人が大学生。まだ教育費がかかるのですが、現状から、将来に向けての資金づくりについて、アドバイスをいただきたいです。

【相談者プロフィール】
・男性、47歳、会社員
・同居の家族:妻、46歳、会社員。長男(大3)、長女(大1)、次男(高2)
・毎月の手取り収入:相談者49万7,000円、妻29万6,000円
・年間の手取りボーナス:相談者約140万円、妻約130万円
・毎月の支出の目安:76万4,000円

【資産状況】
・家族の貯金:20万円
・教育費用貯金:約180万円
・持株:630万円
・貯蓄目的の保険:約520万円
・退職金の見込み:
 夫/500〜600万円ほど、企業年金なし。
 妻/企業年金のみ、DB・DC両方している

【支出状況】
・住居費(住宅ローン+ 駐車場代):13万8,000円
・食費(外食含む):13万2,000円
・水道光熱費(電気・水道): 5万2,000円
・通信費(スマホ5台・ネット回線):2万1,000円
・生命保険料:2万9,000円
・日用品代:1万1,000円
・医療費:7,000 円
・教育費(次男塾):4万7,000円
・自動車関連費(維持費):6万4,000円
・交通費:2,000円
・被服費 :9,000円
・交際費:3,000円
・娯楽費:4万2,000円
・こづかい(子ども分):2万円
・こづかい(夫婦分):6万円
・その他:2万7,000円
・大学授業料の積立:10万円
続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ