はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、30歳、会社員の男性。共働きの妻(30歳)とともに、ペアローンで6,000万円のマンションを購入予定。踏み切っていいのか、また得するローンの組み方が知りたいと言います。FPの渡邊裕介氏がお答えします。

共働きの会社員夫婦です。

6,000万円の新築マンションを購入しようと思っていますが、来年子どもが生まれる予定なので、家計を踏まえて購入に踏み切ってよいかを知りたいです。また、夫婦ペアローンで住宅ローン減税をフル活用するローンの組み方を教えてください。

* 頭金1,000万円(直系尊属贈与)
* 借入額5,000万円
* 金利0.5%
* 返済期間35年

を想定しています。

【相談者プロフィール】
・男性、30歳、会社員、既婚
・同居家族について:妻(30歳)、会社員。2022年2月に出産予定
・住居の形態:賃貸(神奈川県)
・毎月の世帯の手取り金額:60万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:180万円
・毎月の世帯の支出の目安:60万円(余剰金は投資信託購入に充当)

【毎月の支出の内訳】
・住居費:12万8,000円
・食費:7万円
・水道光熱費:1万3,000円
・保険料:2万円
・通信費:1万2,000円
・車両費:2万1,000円(駐車場台1万6,000円含む)
・お小遣い:4万円
・その他:余剰金は投資信託購入に充当

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:0円
・ボーナスからの年間貯蓄額:150万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):1,500万円
・現在の投資総額:2,000万円
・現在の負債総額:0円

渡邊:こんにちは。ファイナンシャルプランナーの渡邊です。今回はペアローンの効果的な組み方のご相談です。検討されている物件を購入して大丈夫かどうかも踏まえて考えていきましょう。