はじめに

「収入合算」と「ペアローン」

住宅ローンを組む際、ひとりで住宅ローンを組む方法と、親子や夫婦で収入を合算してローンを組む方法とがあります。収入を合算して住宅ローンを組む方法には大きく2つの方法があります。それが「収入合算」と「ペアローン」です。

「収入合算」って? メリット・デメリットは?

「収入合算」とは、一定の収入のある親や配偶者の収入を主たる債務者の収入に合算する方法です。収入を合算した金額を基準に住宅ローンを借り入れることが出来るため、ひとりでローンを組むよりは、大きな金額のローンを組むことが出来ます。自分だけの年収では希望する借入金額に満たず、物件を購入出来ない場合などに効果的です。また、主たる債務者に万が一のことがあった場合も、団体信用生命保険にて残債が返済されるため、家族にローンが残らず、安心です。

一方で、ペアローンにも共通して言えることですが、借入金額を増やし過ぎると、どちらかが継続して収入を得られなくなると、返済が苦しくなるというデメリットがあります。

また、団体信用生命には主たる債務者しか加入できないため、収入合算している連帯保証人に万が一のことがあってもそのまま返済が継続になることや、住宅ローン控除やすまい給付金の対象となるのは主たる債務者のみということも注意点です。

「ペアローン」って? メリット・デメリットは?

「ペアローン」とは、一定の収入のある夫婦でそれぞれが主たる債務者として住宅ローンを組む方法です。ペアローンは、収入合算と異なり、それぞれが主たる債務者になってローンを組むことになるので、両方とも住宅ローン控除を受けることが出来ます。また、それぞれが団体信用生命保険に加入するため、どちらかに万が一のことが起こった場合は、片方の住宅ローンは免除となるため、保障としての機能も最大限発揮できます。

ただし、2本の住宅ローンを組むため、事務手数料などの諸費用がどちらにも掛かるため、費用負担は増えることになります。

「収入合算」も「ペアローン」もお二人の収入が継続して続く前提での借入金額となるため、これから出産を控えている夫婦は、出産後の働き方についてもしっかりと考えておいた方が良いでしょう。

教育資金や老後資金は失敗できない!あなたが今からできる資産形成の始め方、お金のプロに無料で相談![by MoneyForward]