はじめに

交友関係が広がるにつれて交際費もかかるようになってくる10代。毎月いくら収入があって、何に使っているのでしょうか。

10代の学生を対象に実施された金銭感覚に関する調査をひも解くと、半数以上が堅実に貯金をしていることがわかりました。大学生等の平均貯金額はなんと20万円以上。その一方で、投資をしている10代は仮想通貨やFXなど、リスクの高い資産を好む傾向があるようです。

いまの10代に必要なお金の知識とは何でしょうか。


アルバイトとフリマアプリで稼ぐ、10代の収入は?

SMBCコンシューマーファイナンスが15~19歳の学生を対象に実施した「10代の金銭感覚についての意識調査 2021」によると、ひと月あたり、高校生では平均1万653円、大学生等では平均3万5,388円の収入(お小遣い含む)があることがわかりました。ちなみに、お小遣いの平均金額は高校生では月3,547円、大学生等では月8,269円でした。

また高校生の3割、大学生等の6割が「お小遣い以外の収入がある」と回答。アルバイトによる収入のほか、10代の5人に1人はフリマアプリなどで、ひと月あたり平均2,471円の収入を得ているといいます。

月いくら使っている?一番お金をかけたいのは「交際費」

では、毎月いくらほど使っているのでしょうか。

ひと月に使っている金額は、高校生の平均が5,780円なのに対して、大学生等の平均は2万958円でした。

一番お金をかけたいものについて聞いたところ、全体の43.3%が「友人との交際」と回答。次に、「ファッション(34.3%)」「デートやプレゼントなどの恋愛(32.5%)」「外食(32.5%)」が続きます。

大学生の平均貯金額は20万円以上 貯金する理由とは?

次に、10代に預貯金をしているか聞いたところ、全体の53.1%が「している」と回答しました。預貯金の平均金額は、高校生では86,773円、大学生等では216,215円。10代の堅実な一面がうかがえる結果となりました。

貯金理由について、56.4%の人が「将来のため」と回答。「買いたいものがあるため」「一人暮らしをするため」など目的を持って貯金をする人が多くいる一方、長びくコロナ禍で先行きが不安なためか、「万が一のときのため」に備えとして貯金をする10代も少なくないようです。