はじめに

ゴーヤなのに苦みを感じず、パクパク食べることができる「ゴーヤのツナ和え」レシピをご紹介します。しっかりと下処理したゴーヤは苦みをかなり和らげることができ、ゴーヤへの抵抗なくたっぷり食べることができますよ。ゴーヤをたっぷりおいしくいただきましょう。


「ゴーヤのツナ和え」材料(4人分)

材料 分量
ゴーヤ 1本(約150g)
ツナ缶 2缶(160g)
砂糖 小さじ1
小さじ1
ごま油 大さじ1と1/2
ポン酢 大さじ2
醤油 大さじ1/2
かつおぶし 5g
みりん 大さじ3
すりごま 大さじ1

「ゴーヤのツナ和え」作り方

1.ゴーヤは種とワタをとり、塩をまぶして10分以上置いておく。

2.薄切りにして砂糖をまぶし5分ほどおき、出てきた水気をしっかりきる。

3.油をしっかりきったツナを加えて混ぜる。

4.ごま油、ポン酢、醤油、かつおぶし、みりん、すりごまを加えて全体を混ぜ合わせて完成。

「ゴーヤのツナ和え」を美味しく食べるポイント

(1)(2)のゴーヤの下処理は時間がかかりますが、この工程をしっかり行うことでゴーヤの苦みをかなり軽減することができますよ。

【調理時間】20分

レシピ/菅 智香
育児料理アドバイザー。食育インストラクター、AGEフードコーディネーター。
一般企業退職後、結婚、出産を経て、改めて食の大切さを感じ、食育インストラクターの資格を取得。
SNSを中心に、子供と一緒に作る料理、子供に食べさせたい料理を提案、百貨店などにて登壇中。

[PR]電気代や通信費、毎月の出費だからこそ見直す価値あり!手間なく、すぐにできる改善方法はコチラ
(この記事はケノコトからの転載です)

この記事の感想を教えてください。