はじめに

読者のみなさんからいただいた家計や保険、ローンなど、お金の悩みにプロのファイナンシャルプランナーが答えるFPの家計相談シリーズ
今回の相談者は、共働きの妻(37歳)と暮らす39歳の男性。体を壊し、現在療養中で、障害年金生活に入ったという相談者。資産総額は1,800万円、住宅ローンも完済していますが、先行きが不安とのこと。今後どの程度収入を得れば安心でしょうか? FPの鈴木さや子氏がお答えします。

現在39歳。体を壊して年金生活に入りました。現在は療養中です。

今後は以前のようには働けそうにありません。幸いにして多少貯蓄ができており、住宅ローンも完済しているのですが、先行きが不安です。どの程度の年収を確保するようにすればよいでしょうか。ちなみに共働きの妻(37歳)がいますが、妻も足に障害を持っているため、将来に使うかもしれない医療費(車椅子など)も備えておきたいです。子どもはたぶん持てないかと思います。

私の年金は月額換算で7万円程度、妻が月給40万円程度。妻は足がわるいため、将来的に介護が必要になる可能性あり。

【相談者プロフィール】
・男性、39歳、無職、既婚。妻37歳。
・住居の形態:持ち家(戸建て・大阪府)
・毎月の世帯の手取り金額:47万円
・年間の世帯の手取りボーナス額:100万円
・毎月の世帯の支出の目安:17万円

【毎月の支出の内訳】
・住居費:0円(固定資産税月額換算1万円程度)
・食費:7万円
・水道光熱費:1万円
・保険料:かんぽ終身保険1万6,000円、ガン保険2,000円、埼玉県民共済2,000円、年金保険2万円程度
・通信費:1万円
・車両費:0円(妻の障害用カスタマイズ軽自動車を一括購入。10年に1度程度買い換え予定)
・お小遣い:各自3万円程度
・その他:妻の実家に毎月3万円

【資産状況】
・毎月の貯蓄額:妻が20万円程度(使わない分)
・ボーナスからの年間貯蓄額:100万円
・現在の貯金総額(投資分は含まない):600万円
・現在の投資総額:1,200万円
※資産内訳:現金600万円、国内個別株700万円、投資信託300万円、純金積立100万円(毎月1万)、iDeCo合計毎月4万6,000円、つみたてNISA年額40万(夫のみ)、年金保険60歳よりトータル600万受け取り予定、負債ゼロ
・現在の負債総額:0円

鈴木:現在、療養中とのこと、とても心配なお気持ちがあることでしょう。療養に安心して専念されるためにも、お金のご不安は少しでも減らしたいですよね。すでに住宅ローンを完済されており、資産形成も進めていらっしゃるため、大きな心配は不要と思います。数字で今後のシミュレーションを確認してみましょう。