はじめに

岸田新総理が誕生しました。菅前総理が辞任を発表したことをきっかけに日経平均は上昇して一時3万円を上回っていましたが、岸田氏が金融所得課税を引き上げる方針だと伝わったこと、中国の恒大集団問題や米国の債務上限問題などが重なり、日経平均は大きく調整して一時は2万7,000円台まで下落しました。

岸田氏が金融所得課税をすぐに引き上げるつもりはないと軌道修正すると日経平均は反発し2万8,000円台で推移しています(10月13日執筆時点)。

株価はつまずいてのスタートとなってしまいましたが、新型コロナウイルスの感染者数は激減しています。一時は日に5,000人以上報告されていた東京都の新規感染者数は足元で100人を割り込む日も出ています。冬場にかけ再び感染者数が増える可能性もあり油断は禁物でしょうが、経口治療薬の開発も進んでいるとの報道もありリスクはかなり後退しているように思えます。

こうなるといよいよ「アフターコロナ」が現実となる日が近づいてきたのかもしれません。コロナ終息後には、どんなことをしたいですか?今回は「アフターコロナ」に注目される銘柄を紹介します。


コロナ終息後にやりたいことは?

筆者の所属するマネックス証券が個人投資家に行ったアンケートで、新型コロナウイルスの感染収束後に支出を増やす予定の項目を聞きました。結果は、以下の通り「旅行費」がダントツ1位となりました。続いて「趣味・娯楽費」「交際費」となり、上位はいずれもコロナ期間中は使いたくても使えなかった項目が並びました。

この1年以上私たちは本当に色々な我慢を強いられてきました。感染対策をしっかりしつつ、思い切り遊べる日が早く来ることを願います。