全国の新型コロナウイルスの新規感染者は10月11日に369人になりました。2020年10月19日の316人以来、約1年ぶりの低水準です。第5波のピークは8月20日に25,868人で、新規感染者の過去最高でした。10月11日の新規感染者数は過去最高水準から▲98.6%と大幅に減少したことになります。

感染力の強い変異ウイルスが猛威を振るい、緊急事態宣言が21都道府県に発出されていた時から2カ月も経っていません。急激に新型コロナウイルスの感染状況が改善したのです。

ワクチン接種は順調に進んでいます。ワクチン接種完了者が全人口の3分の2近くになりました。ワクチン接種が完了した割合は、8月3日時点では29.27%と3割を下回っていましたが、8月31日に45.0%まで上昇し、9月30日では59.0%になりました。10月12日時点では64.63%です。10月に入ってからのペースが維持されると、10月末には73%程度という数字が期待されます。

9月22日データでワクチン接種が完了した割合が日米で逆転しました。米国の数字は、10月12日時点で55.67%です。日本は10月12日時点で64.68%のドイツにほぼ並びました。現在G7で一番高い国はカナダ(72.06%)ですが、10月に入ってからのテンポで増加すると10月末には74%程度になる見込みです。日本はかなりトップのカナダに接近するという計算になります。

こうした状況下で、速報性があるデータの「景気ウォッチャー調査」は8月から9月にかけて調査結果に大きな変化が生じました。今回は9月調査「景気ウォッチャー調査」から最新の景況感をご紹介したいと思います。

続きを読む
Share to facebook.Share to twitter.Share to line.Share to hatena.

あなたにオススメ