はじめに

もうすぐ2年近くになる、コロナ禍による自粛生活。最近は、緊急事態宣言もあけて、外出する人も少しずつ増えているようですが、それでも、以前に比べると思い切り出かける機会は大きく減っているでしょう。

そんななか、そろそろ我慢していた買い物欲が刺激され、いろいろなものにお金を出したくなってくる時期ではないでしょうか。とはいえ、お金は無限にはわいてきませんので、本当に欲しいものに上手に使っていきたいもの。

今回は、そんな対策をお伝えします。


買い物を我慢していた“リバウンド”に注意

例えば、ダイエットにリバウンドがあるように、お金の使い方についてもリバウンドがあります。「お金を使わないようにしよう」と節約をがんばったり、「買い物がしたいけれど、なかなか行けない」という思いを抱えていたりすると、ある日突然、ブレーキがきかなくなるかのように買い物に走ってしまう現象がよくあるのです。

「今までいろいろ我慢していたからいいよね」「高くないものだから、全然贅沢ではないよね」と自分に言い聞かせながら、あまり深く考えずに買ってしまった……という経験は、誰もがあるのではないでしょうか。

もし「買ってよかったなあ」としみじみと思えるものならよいのですが、そうではなく、「なんで買ってしまったんだろう」「収納する場所もないし……」「捨てるといっても、全然使っていなくてきれいだから、もったいない」なんて思うことになれば、残念なもの。

では、そんな失敗した買い物をしないためには、どうしたらいいのでしょうか。

コツは「もう少し高くても」買いたいかどうか

そこで、買い物をするときにおすすめの、自分への問いかけを紹介します。

それは、「もう少し高くても、買いたいかどうか」と、自分に聞いてみることです。

例えばセール品として10%引きになっていたとします。10%引きだったら買おうかなと思うかもしれませんが、セールでなかった場合でも買いたいかどうかを、自分に問いかけてみるのです。

割引だけでなく、ポイント5倍や、2つ買えば、2つめが半額、今なら送料無料など、そういったオプション的な位置づけのお得感があることもありますが、それが一切なかったとしても買いたいかどうかで、本当にそのもの自体が欲しいを見極められるはずです。

もちろん、「近々10%引きになるから、そのときになったら買おう」と、ネットの“お気に入り”に入れておいたりすることは、上手な買い物ともいえます。

ですが、実際に割引されている場面になったときに、「割引されているから買う」という行動につながると、時間がたった後に、「実はいらないものだった」という可能性が高くなるでしょう。

[PR]電気代や通信費、毎月の出費だからこそ見直す価値あり!手間なく、すぐにできる改善方法はコチラ